【みんな~、連結会計だよ!全員集合!】

2018/06/05

第147回日商簿記2級検定から本格的に
出題されるようになった連結会計。
最初からヘビーな問題が出て、受験生だけ
でなく指導者側も驚きました。
そうなると、今後も同レベルかそれ以上の
出題を覚悟しないといけませんね。
連結会計を苦手にしていては、2級合格は
厳しくなるでしょう。

そこで今日は、連結会計を学習するときに
陥りがちないくつかのワナとその攻略ポイ
ントについてお話しします。
以下のポイントを常に意識すれば、連結会
計の学習がスムーズに行くはずです。

<攻略ポイント1>
「連結会計はまず合算すべし!」

これは連結会計の大前提となるので、最も
重要であるといっても過言ではないでしょ
う。
連結財務諸表を作成するときは、連結精算
表というワークシートに親会社と子会社の
財務諸表をすべて転記します。
そして、親会社と子会社の金額を連結精算
表上ですべて合算します。
貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計
算書に載っている金額をすべて合算です。
つまり、企業グループ内の会社の財務諸表
をすべて合算して、1つのグループとして
の財務諸表を作るんですね。

学習初期に陥りがちなワナは、最初に財
務諸表の金額をすべて合算していることを
すっかり忘れて連結修正仕訳だけを考えて
しまうことです。

もう一度言います。
「連結会計はまず合算すべし!」

<攻略ポイント2>
「連結修正仕訳は取消仕訳!」

そもそもどうして親会社・子会社間の取引
を取り消さないといけないのでしょうか?
例えば、Aさんがいるとします。
Aさんには息子のBくんがいます。
Aさんが親会社、Bくんが子会社です。
A家宅が企業グループに相当します。
Aさんが息子のBくんにお小遣いを100
円あげたとしましょう。
Aさんは現金が100円減ります。
(費用)100 (現金)100
Bくんは現金が100円増えます。
(現金)100 (収益)100
このやりとりをA家の外からみると、お金
がA家の中でお父さんから息子さんに移動
しただけで、A家宅からお金は1円たりと
も出入りしていません。
つまり、A家の外部から見ると、
(仕訳なし)
となります。

攻略ポイント1でもお話ししたように、
連結会計はいったん合算するのでしたね。
AさんとBくんの仕訳をただ単に合算する
と、現金は相殺されて、
(費用)100 (収益)100
が残ります。
これを(仕訳なし)にしないといけません。
そこで、
(収益)100 (費用)100
という連結修正仕訳(取消仕訳)が必要に
なるのです。

というわけで、連結で出てくる仕訳はほぼ
ほぼ取消仕訳です。
なので、勘定科目がホームポジションとは
反対側に来ることが多いのです。
今まで学習してきた期中の取引仕訳とは逆
の仕訳がバンバン出てきます。
それで頭の中がパニックになるんですね。
で、しばらく連結会計ばかりやっていると、
今度は期中の取引仕訳が分からなくなって
しまう人もいます。
売上って増えたら右だっったけ?左だった
っけ?
みたいな感じです。連結カオスですね。
笑い事ではないですよ。

連結修正仕訳は親会社・子会社間の取引を
取り消す仕訳ですから、勘定科目が反対側
に来て当たり前なんです。
そこを強く意識しながら学習を進めないと
あなたも連結カオスに陥りますよ。(笑)


もう一度言います。
「連結修正仕訳は取消仕訳!」

<攻略ポイント3>
「勘定科目じゃないよ、表示科目だよ!」

期中の取引や決算整理を勘定科目を使って
仕訳をするのは常識ですよね。
ところが、連結修正仕訳はなんと、勘定科
目を使いません!
と言ったら信じてもらえるでしょうか?
いやいや、そんなことはあるわけないでし
ょ。
いやいやいや、それがあるんです。

攻略ポイント1を思い出してください。
覚えていますか?
「連結会計はまず合算すべし!」
でした。
で、何を合算するのかというと、親会社と
子会社の財務諸表を集めてきて連結精算表
上で合算するのでした。
と言うことは、連結精算表に載っている科
目はすべて、勘定科目でなはく表示科目と
いうことになります。
「売上」は「売上高」に
「仕入」は「売上原価」に
「繰越商品」は「商品」に
「売買目的有価証券」は「有価証券」に
「その他有価証券」は「投資有価証券」に
名前が変わっています。
もちろん、「土地」や「建物」、「売掛金」
「買掛金」などのように勘定科目と表示科
目が同じのものもあります。

というわけで、連結修正仕訳は表示科目を
使って仕訳することになります。
このことを知っていれば、
「仕入」なのになんで「売上原価」?!
なんて疑問は持たなくて済みます。

もう一度言います。
「勘定科目じゃないよ、表示科目だよ!」

<攻略ポイント1~3のまとめ>
連結会計は、親会社と子会社から集めてき
た財務諸表を、連結精算表というワークシ
ート上で一旦すべて合算し、親会社・子会
社間の取引を企業グループ内の内部取引と
して表示科目を用いて取り消す会計処理で
ある。
てな感じでしょうか。

以上のことを常に念頭に置いて学習を進め
てみてください。
迷ったときは必ず思い出して下さいね。

ナビゲーション

石原簿記学院

沖縄県宜野湾市我如古3-12-17
(中部商業高校近く)

098-890-2224

月・木 14:00~22:00
 水  16:00~22:00
(祝祭日は9:00~19:00)
土・日 9:00~19:00
火・金 定休
※検定等で変更あり。

24時間受付中!お問い合わせはこちら