【守・破・離(しゅ・は・り)】

2018/05/23

みなさんは「守・破・離」(しゅ・は・り)という言葉を聞いたことがありますか?
もともとは武道で使われていた言葉らしいのですが、
色々な所で活用出来る言葉なので、
よく使います。

内容としては、簡単に自分の言葉で説明をすると、

・守…何かを学ぶ(習う)時、まずは師匠や先生など、
教えてくれる方の言う通りに真似てみる。
(言われた事を徹底的に守る)

・破…次のステップとして、師匠のやり方から少し殻を破ってはみ出してみる。
(自分なりに応用してみる)

・離…さらに次のステップとして、完全に自己流に応用してみる
(完全に離れる)

という感じでしょうか。
私なりの解釈なので、興味があれば、WEBなどで調べてみてください。

ちなみにこの考え方は、簿記などの勉強をする際にも活用できると考えております。
もしかしたら経験がある方も多いかもしれませんが、
独学で市販の教材だけを買って読んでみても、
なかなか理解も深まらなかったり、
そもそも何を言ってるのか全く分からなかったりしませんか?
そんな状況に陥ってから、
講座を受講してみると、
あんなに時間がかかっていたことが、
あんなに難しかったことが、
ほんの短時間でできるようになったりします。

やはり何事も、先に出来る方の方法がある程度は優れてています。
これは断言できます。
ですので、理想は講座を受講して、
まずは講師のやり方を真似る。
その後、もっといい方法があれば、自分なりに応用していって、
最終的には自己流を確立する。
というのがいいかなと現時点では思っています。

逆に、最もオススメできない方法は、
せっかく習いに来ているのに、
講師の言う方法を真似せずに、
最初から自己流でやるという方法です。
たいていうまくいきません。
経験済みです(笑)

何かにぶつかった際に、思い出して心がけてみてはいかがでしょうか?
オススメです。

石原簿記学院

ナビゲーション

石原簿記学院

沖縄県宜野湾市我如古3-12-17
(中部商業高校近く)

098-890-2224

月・木 14:00~22:00
 水  16:00~22:00
(祝祭日は9:00~19:00)
土・日 9:00~19:00
火・金 定休
※検定等で変更あり。

24時間受付中!お問い合わせはこちら