【自分の限界は誰がきめる?】

2018/05/14

急に思い出したのですが、
「ノミ」
っていますよね?
そう、とても小さな虫?生き物です。

そのノミですが、
あんなに小さな体ですが、
30cmくらいジャンプ出来るそうです。
すごいですね、体長の数百倍?でしょうか。
人間で言えば、300mくらいジャンプするイメージです(笑)

ある実験で、そのノミに、
コップをかぶせます。
そうすると当然、ノミがジャンプしても、
逆さまになったコップの底にぶつかり、
それ以上はジャンプできません。

それを放置し、ノミからすると何回も
ぶつかった後、
コップを外すとどうなるでしょうか?

①もちろんまた30cm飛ぶ
②コップにぶつかっていた分、有り余っていたパワーで、
宇宙まで飛んでいく
③コップの高さまでしか飛べなくなっている

正解は、③だそうです。
既にコップは外れていますが、
コップがあった高さまでしか飛べなくなってしまいます。
いえ、正確には、

「もう、コップの高さまでしか飛べないと、
『思い込んでいる』」

という事が出来ると思います。

実際にはまだ飛べるはずなのに、
思い込みを持ってしまって、
チャレンジさえ出来なくなってしまう…。

これを私たちに置き換えてみると、
非常に恐ろしくないですか?
本当は出来るはずなのに、出来ないと思い込んで、
やらない。

やったら出来るかも知れないのに、
チャレンジさえしない。

皆さんにも思い当たる事はありませんか?
人生一度きり、チャレンジもしないで終わってしまっては、
非常にもったいない。
私はそう思います。

私は常に何かにチャレンジしていきたいものです!

ナビゲーション

石原簿記学院

沖縄県宜野湾市我如古3-12-17
(中部商業高校近く)

098-890-2224

月・木 14:00~22:00
 水  16:00~22:00
(祝祭日は9:00~19:00)
土・日 9:00~19:00
火・金 定休
※検定等で変更あり。

24時間受付中!お問い合わせはこちら